マイホーム購入の注意点

将来のことを考えるって?

子どもに対応した家作り

家族に子どもが増えたら、間取りの変更をしなければいけなくなったり、家具の配置変えが必要になるかもしれません。
子どもが産まれたばかりの赤ちゃんの時は部屋は必要ありませんが、大きくなったら子ども部屋がいるかもしれません。
子どもが大きくなって動きが活発になってきたら、家具を変えたり、配置を変えたりしないといけないですよね。
活発に動き回るとどうしても家の中で転んだり、どこかにぶつけたりなどけがをしてしまうでしょう。
その時、けがが重大なことにならないように、家具の角を丸くしたり、柔らかい素材に変えるなどの工夫をすることも大事になってきますよね。
増える人数だけでなく、成長を考慮した家を考えなければなりません。

周辺環境

将来の家族構成を考えたとき、家のなかだけでなく周辺環境にも気を配らなくてはいけません。
具体的には、地域の教育支援や塾、習い事が、自分の考え方に合っているかどうかということが重要になってきます。
小学校や中学校は地域のところに通わせる家庭が多いと思います。
そのため、学校の雰囲気が自分の求めているものと一致しているか、しっかりと調べておくことが必要です。
私立に行かせたいなら、通学に無理がないかも頭に入れておかなくてはいけません。
子どもに習わせたい習い事があるなら、家の近くにあるかもチェックしておくといいでしょう。

また、教育支援だけでなく、子どもの遊び場や救急病院が充実しているかもチェックしておく必要があるでしょう。
子育てをするにあたって、近いところにないと困る場所はいくつかあると思います。
たとえば働く女性なら、保育園が近くにあるか、その保育園は入りやすいのかなども考えておかなくてはなりません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る