マイホーム購入の注意点

マイホームを持つことのメリットデメリット

マイホームを買うことのデメリット

まず、デメリットから見ていきましょう。
まず、購入時は維持費の負担が発生することがあげられます。
購入をするということは、完全に自分のものになるわけですから、自分のものをよい状態に保っておくことは当然の仕事ですよね。
そのため、最初の負担はマイホームの場合の方が高くなるのです。
また、購入した後、収入が減ってしまうようなことがあると、住宅ローンを払いきれるかわからなくなってしまうのでリスクになりますね。
さらに、住宅ローンは長期にわたるので、すぐに手放すことはできません。
そのため、引っ越しがしにくいという難点があります。
これらが、賃貸と比べてデメリットとなるところです。
まとめると、責任が重くなり、簡単に手放せないということです。

マイホームを買うことのメリット

それでは、メリットを見ていきましょう。
まず、マイホームを持っているということで、満足感を得られるでしょう。
賃貸ですと「ここは自分のものだ」という認識はなかなか持てませんからね。
そして、一度買ってしまえば自分が手放すまでずっと自分のものですので、収入がなくなる老後まで住まいは安定してあるということになります。
さらに、マイホームですと、いつでもどこでもリフォーム自由です。
ここが賃貸と一番違うところだと思います。
自分の好きなように変えられるのは大きな利点ですよね。

お金の面でいえば、住宅ローンは確かに長期ですが、それが終われば払うべきは維持費のみですので、住居費は負担が少なくなります。
また、売却すれば再び現金になりますので、自分の資産となるのです。

このように、マイホームを持つことはデメリットもメリットもありますので、ご自身でよく考えて決断しましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る